道徳の時間 ー放言仙人ー



No.00051 盗作された「マイナス・ゼロ」と「009ノ1」

 広瀬正のSF小説の一つに「マイナス・ゼロ」(河出書房新社 昭和45年)がある。これは日本のSF、特に時間旅行を扱った作品の中ではまさに最高の作品の一つと言えると、私は考えていた。

 本と言うのは儚い存在である。どんなに名作であっても、売れなければくだらない新刊どもに埋没して淘汰される。この「マイナス・ゼロ」もご多分にもれず絶版になっていたようだ。c0166880_16535372.jpg

 ところがうれしいことに、この本が復刊されていた。大手の本屋さんで平積みになっていた。素晴らしいことだ。もしSF好きの方でまだ読まれていない方は、是非読まれることをお勧めする。

 この「マイナス・ゼロ」のプロットはたまらなく良い。ある種の感動を与える優れものだ。この話が多くの人に再び読まれることになるのは大変良いことだ。

 ところがある一人の作家にとっては、困ったことになったと考え込んでいるのではなかろうか。それはこの「マイナス・ゼロ」の最も主軸になるプロットを盗んでいる?作家がいることだ。その名前を上げれば多くの人が知っているだろう。作品も映画化、ミュージカル化されているので、読書しない人でも知っている人は多いのではないか。

 おそらくこの作品(仮に「A」としておこう)の方が「マイナス・ゼロ」より多くの人に知られているだろう。先に「マイナス・ゼロ」を知っている人は、この「A」がパクリだともとより知っていることである。しかし「A」を先に知っている人が「マイナス・ゼロ」を読めば、どう思うだろうか。

 こういうたぐいの盗作は結構多い。私が知っているだけでもいくつかある。知らないところにもまだまだあるだろうし、隠れた盗作は結構あるのではないだろうか。

 他の一例も挙げる。石森章太郎(当時)の「009ノ1」というマンガの第一巻(朝日ソノラマ 昭和47年)の第五話に「指令 No.5=古城よりの招待」というものがある。東西冷戦をモデルにしたと思われる「ウエストブロック」と「イーストブロック」の数名の諜報員たちが、 Mr.リヴェンジと名乗る城主よりその古城に招待され、謎解きゲームという形式の復讐をうけるという話である。(以下ストーリー概略あり。知りたくない方は★★★〜★★★までは読まないで下さい)

★★★
 諜報員たちが招待状に書かれた地図に従って古城へ車で向かう。一本道の途中に橋があるが、彼らが通り過ぎると爆破されて退路を断たれる。城に入ると、車も爆破される。Mr.リヴェンジは姿を現さず(あるいはアンドロイドを代役にたて)、スピーカーからの音声のみで諜報員たちと接する。古城に仕掛けられた罠で、諜報員たちが一人ずつ殺されてゆく。
★★★


 これと非常に良く似たプロットで書かれた最近のマンガ「B」(現在、テレビでシリーズ放映中。この単元については映画化もされたようだ)があることにお気づきの方もいらっしゃるだろう。そう、私なら明らかに盗作の範疇にはいると判断するパクり方のマンガが存在するのである。

c0166880_13533617.jpg
 小説にしても脚本にしても、そのプロットをオリジナルで作り上げるというのは、大変な能力と労力を必要とするものである。だから芸術は尊重されるのである。

 全ての芸術は、それ以前の芸術を礎として成り立っているものだから、過去のものと似るというのは、ある程度は避けられないことなのかもしれない。しかし何事にも限度がある。そのオリジナリティーによって賛称された作品の最も主要な部分をパクるのは、やはり盗作であろう。

 もしその過去の作品のオリジナリティーの上に自分の作品が立っているのであれば、そのことを必ず公にするべきである。例えば「A」という本の最初に「この本のストーリーは、広瀬正氏の『マイナス・ゼロ』のプロットを元にして作成しました」などと明記すべきである。「B」というマンガのその単元の頭に「この話は、石森章太郎氏の『009ノ1 第一巻 第五話』をヒントにして描きました」などと断らなければならない。

 盗作か盗作でないか、これを判断するのは非常に難しい。何をもって盗作とするか、という明確な基準がないからである。しかし、だからといって、盗作が許されるわけではない。

 芸術作品における盗作かそうでないかの基準は、作る側(作家)の立場に立てば「良心」であり、鑑賞する側(読者)の立場に立てば「直観」である。これは非常に曖昧なものであるが、だからといって「盗作かどうかの基準などないのだ」などと言ってしまえば、芸術は存在し得なくなる。

 だから読者が、自分の感性でこれは「盗作だ」と感じた作品に対しては、声を大にして「盗作ではないのか」と言える環境を作るべきだし、それを作家は「名誉毀損だ」あるいは「侮辱罪だ」などとは決して言ってはならない。その判断は読者総体に委ねるべきである。

「道徳の時間」トップ
[PR]
by hogensennin | 2008-09-09 14:03 | 文化
<< No.00052 「セクハラ癖... No.00050  re:いっ... >>


山に籠りて幾千年/霞を喰らひて瞑目すれど/下界の喧噪耳に障る/咄、刮目下山成敗ぢや
カテゴリ
全体
政治
経済
文化
教育
保存
未分類
以前の記事
リンク
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧