道徳の時間 ー放言仙人ー



カテゴリ:教育( 5 )


No.00041 親の責任でしょ

 新聞によると、銃を乱射して二人の尊い命を奪った犯人の馬込政義は、新車に船、散弾銃など、高価な品をたくさん購入している。犯行現場となったスポーツクラブにも、週に5日も通っていたようである。きちんと仕事をしていない馬込に、どうしてこのようなお金があったのか。

  付近の住民の話では、親の退職金から出してもらっていたという。退職金かどうかはさておき、親が出していたことはほぼ間違いないだろう。37歳にもなった 息子の遊び代金、それも数百万円単位のお金を、親が出す。親が買ってやった銃で子供が殺人を犯す。これが尋常なことだろうか。

 まともに働かない、働いてもすぐにやめてしまうような子供を作ったのは親である。生きて行くためには、自分の我を抑えて我慢することもどうしても必要である。それを教えるためには、自分の生きて行くためのお金は自分で稼がせる必要があったのである。

  アルバイトでも何でも、真面目に働けば、生きて行けないことはない。時給800円で一所懸命働けば年間200万円ぐらいにはなる。安いアパートを探して 家賃を支払っても、130万円程度は残るだろう。もちろん車を買ったりスポーツクラブへ通ったりなどできないが、何とか食って行くことはできる。

 自分を捨てて、我慢して働いてもそんなものである。それがいやなら飢え死にするしかない。そうして人は我慢することを教えられるのではないか。

  生きて行くということは、並大抵のことではない。そういうことを親は子供に教えなければならない。37歳にもなった大人を子供扱いして小遣いを与えてい た親は、完全に親の責任を放棄していたと言える。金を与えて食わせることが親の責任ではない。しっかりと一人で生きられるよう、人に迷惑をかけないで生き られるよう教育するのが親の責任である。

 本当に今の親はバカばかりである。産んだ産ませた以上、きちんとしつけをしなければならない。それができないのなら、そんな世間に迷惑をかけるような子供など、自分の手で首を絞めて葬らなければならない。これが親の責任というものではないのか。

 親の責任とは、それほどまでに重いものだ。世の親たちはもう一度その点しっかりと考え直す必要がある。

【今日のバカ:自分の子供にしつけのできない親】

[PR]
by hogensennin | 2007-12-19 12:09 | 教育

No.00035 こちらも人権バカ?

> 生徒殴った教諭、書類送検 北九州市立中学

 福岡県警戸畑署は7日、北九州市戸畑区の市立大谷中学校で授業中に2年生の男子生徒(13)を殴りけがをさせたとして、傷害容疑で男性教諭 (52)=北九州市八幡東区=を書類送検した。

 調べでは、教諭は10月25日、技術・家庭科の授業中に漫画を読んでいた生徒にやめるように注意したが、 従わなかったため、顔面を平手で数回殴り、けがをさせた疑い。

 生徒は鼻血を出して吐き気を訴え、病院で手当てを受けた。教諭は「つい手を出してしまった。申し訳ない」と話しているという。

2007.12.7 16:47 産經web



  授業中に漫画を読んでいる。さらにそれを注意されてもその注意に従わない。それで殴られたなら当然だろう。どうして教諭が書類送検されるのか、全くわか らない。意味不明である。それとも、この記事に誤りがあるのだろうか。本当は生徒に非がないのに、先生が虫の居所が悪くて殴っただけなのだろうか。それな ら送検されて当然である。

 授業中に漫画を読んでいる生徒を、先生はどうすれば良いのだろう。口で注意しても言う事を聞かない。ではどうやって漫画を止めさせるのか。誰かうまい方法があるというのなら、その方法を先生たちに教えてあげてほしいものだ

  口で注意して聞かないなら、殴られて当然だ。殴られれば鼻血ぐらい出ても不思議ではない。 当たり前の事が当たり前に行われたこの件で、いったい何が問題なのか、私にはさっぱりわからない。それとも授業中に漫画を読んでいる生徒には、何もせずに ほっておくしかないと言うのだろうか。

 No.00033も大バカだが、こちらも負けず劣らず大バカだね。

【今日のバカ:授業中に指示を聞かず教師に殴られて鼻血を出して、多分お母ちゃんに泣きついて、殴った教師を訴えた生徒】


[PR]
by hogensennin | 2007-12-07 12:06 | 教育

No.00033 人権バカ

  兵庫県川西市の市立中学で10月、茶髪にした男子生徒の髪を、担任教師らが髪染めスプレーで黒く染め直していたこと が6日、わかった。生徒と保護者は人権侵害にあたるとして、市の第三者機関「子どもの人権オンブズパーソン」に申し立てたが、市教委は事実を認めたうえ で、「生徒の了解を得ており、人権侵害にあたらない」としている。


 市教委によると、中間テスト初日の10月11日、校則で禁じられている茶髪で登校した 男子生徒を、教諭が注意。髪染めスプレーを持っていた別の教諭らとともに、生徒を保健室に連れて行き、スプレーで染め直した。

 申し立てによると、生徒は、「自身で髪を染めなさい」とする教諭の指示を拒否したところ、教諭が体を押さえつけてスプレーをかけたという。 一方、市教委は「生徒は、教諭に対して拒否せず応じており、教諭が体を押さえつけた事実もない」としている。

2007.12.6 13:42 産経web


 校則で禁じられている茶髪で登校した生徒の頭を黒スプレーで染める事のどこが人権侵害にあたるのか。ルール違反を是正する事が、人権侵害なのか。全く意味不明のことを、この生徒と保護者は言っている。バカを通り越してキチガイだね、全く。

 先生がこのキチガイ生徒の体を押さえたかどうかなど、どうでも良い事だ。全く論点から外れている。そんなことを川西市教委も、いちいち弁解するな。

  校則で禁じられている以上、このキチガイ生徒は髪を黒にするか学校を辞めるかどちらかの選択しかない訳で、髪を無理矢理黒に染めさせてでも学校に 置いてやろうというのは、たいへん温情的な措置ではないか。キチガイ生徒は、その事を心から感謝しなければなるまい。当然このキチガイ親も、学校に行って 「どうもありがとうございました」と平身低頭、お礼を言わなくてはならないはずだ。

 こんなキチガイ生徒とキチガイ親の言う事を、市教委もまともに取り上げるな。産經新聞もこんなバカな話を記事にするな。

 

【今日のキチガイ:茶髪のガキとそれを許している親】

[PR]
by hogensennin | 2007-12-05 11:01 | 教育

No.00012 退部じゃなくて退学でしょ

 関東学院大ラグビー部員2人が大麻取締法違反の疑いで逮捕されたが、その処分が世間の批判を浴びて一転した。

  >関東学院大ラグビー部員2人が大麻取締法違反(栽培)の疑いで逮捕された事件で、同大は9日夜、来年3月末まで同部の対外試合を自粛すると発表し た。4日に関東大学リーグ戦で11度目の優勝を決めたが、これを返上。逮捕された2人は9日付で退部とした。同大は午前の記者会見でいったんは対外試合を 続ける意向を表明したが、処分の撤回を迫られた。

 横浜市金沢区の同大キャンパスで9日夜開かれた会見で、内藤幸穂理事長は冒頭、「世間の考えを忖度(そんたく)し、最終的な答えを出した」と改めて謝罪した。

 春口広監督の処分については、生活指導は続けるものの3カ月間ラグビー指導を自粛させるとした。春口監督は「(復帰は)3カ月後の状況を判断して決める」とした。

asahi.com 2007年11月09日22時30分


 ラグビー部に対しての処分について。真面目に生きてきた部員たちには気の毒だが、スポーツという性質上、その処分は仕方ないかも知れない。

  問題は罪を犯した者に対する処分である。「退部」処分でいいのか。一般常識で判断すると、これは刑法犯なのだから、有罪が決定した時点で「退学」処分は免 れない。「退部」処分だけで済ますのなら、それは甘すぎるとしか言いようがない。大学がどういう処分を下すのか見物である。

 ルール違反がどういう結果を招くのかという事をしっかり理解しておかなかったぼくちゃんたちには、いい薬になっただろう。ここで甘い処分をする事は彼らを勘違いさせ、さらにおバカにすることになる。

 本気で子供を育てようと思うのなら、厳しい鞭も必要だという事を、大人は知るべきではないか。

【今日のバカ:バカ大学生を育てた親】


[PR]
by hogensennin | 2007-11-10 17:31 | 教育

No.00006 ゆとり教育 中教審が異例の反省

 
> 「授業減らしすぎた」中教審が異例の反省

 次の学習指導要領を審議している中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)が、近く公表する中間報告「審議のまとめ」の中で、現行の指導要領による「ゆとり教育」が行き詰まった原因を分析し、「授業時間を減らしすぎた」などと反省点を列挙することがわかった。

〈中略〉

 同省はこれまで、「運用面で問題があったが、ゆとり教育の理念は間違えていない」などとし、明確な反省を示してこなかった。
(2007年10月28日3時0分 読売新聞 YOMIURI ONLINE)


 端的に言う。

 進学塾の詰め込み教育(子供が理解できない、していない内容について、大量の宿題を与えて無理矢理解かせる→本当は答えを見て写していても、親が解いて いても、子 供が理解した事にさせる、進学塾特有の見せかけ教育)を是正するために、学校で行う基礎レベルの学習を減らした。これが文部科学省のバカ役人のした事であ る。

【今日のバカ:文部科学省の役人 進学塾経営者 進学塾の宣伝を信じる親】

[PR]
by hogensennin | 2007-10-28 17:18 | 教育


山に籠りて幾千年/霞を喰らひて瞑目すれど/下界の喧噪耳に障る/咄、刮目下山成敗ぢや
カテゴリ
全体
政治
経済
文化
教育
保存
未分類
以前の記事
リンク
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧