道徳の時間 ー放言仙人ー



<   2007年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧


No.00028 またウソをつく気か!

 もう30年以上も前のこと、「現在のまま石油を使い続けると、後30数年で採掘され切ってなくなる」と言われていた。その説が正しけれ ば、もう既に石油 は 枯渇していなければならない。当時の石油の使用量に比べて現在は格段に多い訳だから、30年どころかもっと早くになくなっていなければならないはずであ る。ところがである。

  > 世界の石油が枯渇するまであと「68年」−。石油鉱業連盟が29日発表した平成17年末の世界の石油・天然ガス資源 に関する評価で、こんな見通しが明らかになった。同連盟は5年に1度この評価を実施し、12年末評価の石油枯渇年数「79年」から、見通しを11年短縮し た。未発見資源量が縮小しているうえ、中国やインドを中心に石油需要が急増したため、枯渇への”カウントダウン”が早まった格好だ

  報告書では、世界にある未発見資源を含めた石油の可採資源量が、3兆380億バレルと前回評価とほぼ同水準と試算。ただ、中国などの需要増で年間石油生産 量が 300億バレルに膨らんで可採年数が縮まると予測した。石油の可採年数は、既に確認されている埋蔵量で37・6年、技術革新などによる採掘量の拡大で 16・6年、未発見資源で13・9年分と予想する。

 一方で、天然ガスの枯渇年数は98年と予想。うち、既に確認されている埋蔵量で50・7年分、技術革新で30・2年、未発見資源で17・32年と試算、将来は石油を天然ガスが補うと予想する。



 そして石油が採掘され切った68年後には、「石油はあと××年で枯渇する」などという発表がなされていることだろう。永遠に「石油は何年後かには枯渇する」と言い続けられる、つまり石油は無尽蔵にあるのだろう。

 これは私の勝手な妄想ではない。「トーマス・ゴールド」という科学者が、「石油は地球の地下深層から湧き出てくるものである」という説を述べている。(「地球深層ガス—新しいエネルギーの創生」)

  推定石油埋蔵量のこの数十年の変化は、数年事に新しく書き換えられ、常に増える方向にある。現時点で「あと68年」もつのだから、30年ほど前の時点で 言えば、100年ほどの埋蔵量があった事になる。当時の石油消費量(現在の60%程度)からすると、もっと長い年月持つと発表されていてもおかしくない。

 だから、これが科学的に誠実に出されたデータだとしても、あまりにも誤差が大きいので、データとして信用できない。300%以上の誤差なんて、誤差とは呼べない。デタラメと呼ぶ方がより正確だ。

 さらにこのデータが、ある意図をもって流されているとしたら、私たちはそれを全く無視するというのが正しい反応である。石油が枯渇するという不安感を煽ることによって、得をする奴がいるということに他ならないからである。

【今日の詐欺師:石油鉱業連盟

[PR]
by hogensennin | 2007-11-30 18:54 | 経済

No.00027 おかしな日本語4「町の××屋さん」

 町にあるお店の看板を見ると、最近よく「お米屋さん」「パン屋さん」など店種の後に「さん」をつけたものがある。「電気屋さん」「バイク屋さん」などもある。

  「さん」って、相手の名前などにつける敬称で しょう? お客の方が「角のパン屋さんに行って買ってくる」とか、「駅前の電気屋さんで売っているよ」など といった風に使うものである。自分のお店に「さん」という敬称をつけるというのは、自分の名前に「さん」をつけて、「私は田中さんです」と自己紹介するよ うなものである。

 敬語の使い方が滅茶苦茶になってきているが、それはこんな所にも現れている。(大人にきちんと教えられていない)子供が間違った言葉を話すのはまだしも、大人がこんな低レベルの敬語の使い方を誤るなど、世も末である。

【今日のバカ:「町の××屋さん」と臆面もなく書く、「町の××屋」】

[PR]
by hogensennin | 2007-11-29 18:40 | 文化

No.00026 おかしな日本語3「1000円からお預かり」

 表題の通り。いったい何だ「1000円からお預かりします」ってのは。正しくは「1000円お預かりします」だろう? 「から」は何だ。「いつから」の「から」か? 「どこから」の「から」か。全く意味不明だ。いったい誰がそんな訳の分からない日本語を使いだしたのだ。

 「から」という意味から考えると、「1000円から900円頂戴しましたので100円お返し致します」という文しか、コンビニのお金のやり取りの文脈では考えられない。

 「言葉は変わるものだ」と言うバカ(たまに言語学者までこんな世迷い言を言う)には、きっちり釘を刺しておく。そんなに簡単に言葉は変わってはいけないのだ。変えてはいけないという圧力を、常にかけておかなければならないのだ。

 何でも変わって良いのなら、世の中にルールは不必要になる。言葉は時代によって少しずつ変化するものではあるが、それは結果論である。良識ある人間ならば、「正しい言葉遣いをしなさい」と言い続けなければならないのである。

【今日のバカ:「言葉の変化は仕方がない」と言う言語学者】

[PR]
by hogensennin | 2007-11-28 18:37 | 文化

No.00025 うんこは持ち帰りなさい

 道を歩いていると、犬のうんこがそこかしこに落ちている。今日日、野良犬はいないから、これらは全て飼い犬の残したうんこだろう。

 犬は自分で持ち帰れないから、そこにうんこを放置しているのは飼い主である。人間がうんこを道端に放置しているのである。

  それから、飼い犬をリード(首輪とひも)でつながずに、放して自由に歩かせている飼い主もいる。「うちの犬は迷惑をかけないから」とでも言うのか。犬嫌 いの人、犬に恐怖感を持っている人は、リードにつながれていても嫌なものである。ましてリードにつながれていない犬など、大迷惑であろう。万が一咬んだら どうするのか。絶対に咬まない保証があるとでもいうのか。

 犬の飼い主よ。良識を持ちなさい。

【今日のバカ:犬の飼い主】

[PR]
by hogensennin | 2007-11-27 18:35 | 文化

No.00024 増税の前に責任を

 「国家を運営するためのお金が足りない。私たちは税金の恩恵を受けている以上、受益者負担、増税もやむなし。」確かに正論である。しかし非常に大きな抜けのある偽正論である。

 まず、税金の無駄遣いをなくせ。これが先決である。無駄遣いしながらお金が足りないなど、言語道断である。

  次に、できるだけ支出を減らせ。例えば給料が少なくて家計が苦しい。こういう時には必要優先度の低いものから支出をカットするはずである。税金も同じで あろう。たとえ必要であっても、お金がなければ削らなければならない事もある。必要優先度の低いものから、歳出をカットするべきである。

  そして最も重要なのが、責任である。無駄遣いをした政治家、官僚に、「どうも悪うございました」と国民の前で謝罪させ、無駄遣い分を自腹で補填させろ。 責任を取らせろ。国民には自分たちの失政のつけを押しつけ、それでいて自分は税金や天下り先からの給料、退職金でたっぷり儲け、悠々自適の老後を過ごすな ど、許されるはずがない。

 個人での損失補填など、たかが知れているが、それでもきちんと支払わせろ。財産全部没収しろとは言わないが、 少なくとも税金を支払っている国民の苦しい 生活レベル以下の生活にはさせなければならない。そこまでして許しを請えば、国民も増税には理解を示すはずだ。責任のある者にはそういう苦しい国民の生活 を味わわせて、謝罪人生を送らせるべきである。国民の財産を食いつぶして、自分 だけ税金でのうのうと暮らすなど、許されて良いはずがない。

 前にも書いた通り、「そんなことをさせるのは法的に無理だ」などと言うな。法律は国民の総意でなければならない。法律を改正して、税金を無駄に使った政治家、官僚には、自腹で責任を取らせろ。増税はそれからだ。

【今日の詐欺師:国民の財産を食いつぶしたにも関わらず、自分たちだけ国民の血税でのうのうと暮らしている、政治家・官僚】
[PR]
by hogensennin | 2007-11-26 18:17 | 政治

No.00023 おかしな日本語2「温めますか?」

 コンビニでお弁当を買った時、店員に「温めますか?」と聞かれた時の事である。

 「温めますか?」って、私がそのお弁 当を家で温めるか温めないか、店員に言わなければならないのだろうか。頭の中に「?」が3つぐらいついたけれども、 ああそうか、温める用のお弁当と温めない用のお弁当があって、もし家で温めるのなら、温める用のお弁当を買って下さいね、という店員の親切心かも知れな い、と私はその一瞬で考えた。

 「たぶん、温めると思いますけれども」私は答えた。

 店員は少し怪訝な顔をしながら、「今、温めますか?」と再度私に尋ねた。

  今ってどういうことよ。そういえば、店員の後ろに電子レンジらしきものがある。あれを使って温めろということなのか? でも、そんな、レジの後ろなんか に入っていいのだろうか。私がどうしたものかと困っていると、隣のレジの店員がその客に同じ事を言っていた。「お弁当温めますか?」

 客が「はい」と言うと、店員は手慣れた様子でそのお弁当を後ろのレンジに入れて、ポンポンとスイッチを押していた。

 ああそうなの?! 「温めますか?」は「温めましょうか?」という意味か!

 そんな訳の分からない日本語、理解できるか!!!

  「温めますか?」の主語は「あなた(客)が」である。「私(店員)が」では絶対にない。「私(店員)がお客様のお弁当を温めますか?」という文は、意味 上、成り立ち得ない。例えば「私はご飯を食べますか?」「私は明日東京へ行きますか』などのように、「私が××しますか?」という文は、普通は成り立たな い。さきの店員の台詞は、「私(店員)がお客様のお弁当を温めましょうか?」でなければ、絶対におかしい文である。

 また仮に「客が弁当を温める」という意味で尋ねたのだったとしても、お客に対して「温めますか?」なんてため口が許されるのか。ちゃんと敬語で「お温めなさいますか?」と聞くべきである。

 だからこの場面では「お弁当お温めいたしましょうか?」が正しい言葉遣いである

 それ以来、私はコンビニで「お弁当温めますか?」と聞かれた時には、「誰が?」と聞いてあげることにしている。

 ところが今日、コンビニへ行ってびっくりした。「温めますか?」が進化←この言葉遣いもおかしい。後日書く)して「温められますか?」になっていた。目が点になって、「誰が?」という皮肉の言葉さえ言うのを忘れてしまっていた。

【今日のバカ:コンビニの店員】

[PR]
by hogensennin | 2007-11-24 18:12 | 文化

No.00022 おかしな日本語1「無洗米」

 巷にはどうにもバカが多いようで、日本語として通用しない日本語が氾濫している。かつてバカはバカらしく「バカな自分が言葉を造ってはいけない」と謙虚にしていたものが、今はバカが自分がバカだと言う事に気づかず、どんどん訳の分からない日本語を造っている。

 これから何回に渡るかわからないが、意味の分からない日本語を糾弾してゆく。

◆     ◆     ◆

  「無洗米」これを字のまま理解すると「洗っていない米」という意味になる。本当は「洗わなくても良い」という意味にしたかったのだろう。しかし 「無洗米」なら「洗っていない米」という意味になる。もし「洗わなくても良い」としたいのならば、「洗わなくても良い」=「洗う必要がない」だから「不要 洗米」とならなければならない。

 否定を表す「無」は、一般に名詞の頭につく言葉である。「無線」「無人」「無効」などである。動詞の意味を持つ漢字につく場合も、動詞ではなく名詞として否定する。例:無断=断り(名詞)無し。だから「無洗米」は「洗い無しの米」となる。

 「無洗米」を考えた者は言語感覚が全く不足している。まともな言語感覚のある者なら「無洗米」など気持ち悪くて仕方がない。「ら抜き言葉」が気持ち悪くない輩と同類である。

【今日のバカ:全国無洗米協会

[PR]
by hogensennin | 2007-11-22 18:07 | 文化

No.00021 気色の悪いボールド(P&G)のCM

 ボールドという洗濯用洗剤がある。P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)社の製品である。

 このボールドのTVコマーシャルは、見ていて大変に気色悪い。なぜなら登場する人物が全て男だからだ。洗濯洗剤のCMで、どうして男ばかりが出てきて、男ばかりが洗濯をしているのか。

  現実には、洗濯は多くは女性がしているだろう。男女差別とかいう問題ではなく、事実はそうである。男性も家事をするべきだ、女性も社会に出るべきだ、と いうのはイデオロギーとして、まあご自由に、であるが、現実は男性が社会で仕事をして、女性が家事をしている、というのが多くの場合である。

 なのに、どうして洗剤のCMに男性ばかりを登場させるのか。「男性が洗濯をすべき」と主張するなら正々堂々と主張すれば良いのに、CMの裏に潜ませる。このCMには、実際には通らない妙なイデオロギーというものが裏に透けて見えるので気色悪いのだ。

【今日の偽善者:P&G社】

[PR]
by hogensennin | 2007-11-21 18:16 | 文化

No.00020 ミシュランの騒ぎを見て 2

 前記No.00019「ミシュランの騒ぎを見て」だけでは説明があまりにも不親切なので、少し追記しておく。

 ミシュランのガイドブックで星をもらう事がどうして大きな話題になるのか、私には理解できない。

 ミシュランの調査員がどれだけ「食」に関しての造詣が深いか、つまりどれだけ舌が肥えているか誰にも判らない。だって、調査員の氏名、素性は、一切明らかにされていないんだろう? どこの馬の骨か判らない連中のそんな判定を、よくも信じられるものだ

  調査員の氏名が明らかにされれば、「ああ、食通のあの人が調査しているのなら、その評価は正しいだろう」とか「あのいい加減な評論家の評価なら、信用す るに足りないね」などと消費者は判断できる。しかし一体誰が調査したのか全くわらかないミシュランの判定など、信じられるものか。

 百歩譲って、ミシュランの調査員は、とても質の高い、食に関しての造詣が深い、味覚の良く判る素晴らしい人物だとしよう。それでも、日本の文化である和食が、外国人に理解できるのか。日本料理の繊細な味が外国人に判るのか

  もしフランス料理を日本人がランク付けしたら、フランス人はどう思うか。「お前たち日本人にフランス料理の味など判るものか。」と言うに違いない。事 実、その文化に生まれ、その文化にどっぷりと浸って育っていない人間に、その文化の本質は見えないだろう。「日本人にフランス料理の味など判るものか」と いうフランス人の意見は正しい

 同じく、日本料理がフランス人などに理解できる訳がない。 あの白身魚の微妙で繊細な味など、フランス人 に判るはずがない。もちろんおいしい料理というも のが文化に存在しないイギリス人や、文化としての料理そのものが存在しない(あえて言えばハンバーガーか 笑)アメリカ人には、0.1%も判らないだろ う。フランス人なら、ヨーロッパ人の中でも少しはましだろうが、それでも日本料理の神髄など判るはずもない。

 「日本人も判定に加わって いるから、このランク付けは信頼できる」などと言うな。覆面調査なのに、どうしてそこに日本人が加わっていると断言できるの だ。氏名も素性も公表されていない者の言う事など、一切信用できない。仮に日本人だとしても、どんな日本人か判らない。さらに言えば、本当は調査すらして いないかも知れないではないか。どうしてそんな状況で、信頼のおける調査がなされたと言えるのか。

 フランス料理のランク付けなら、まだミシュランのやっている事もわからないではない。でも、日本料理をフランスの会社が格付けするか?そんなこと出来るのか?

  ミシュランよ。京都の料亭にランク付 け出来るか? 京都の和食界の奥の深さを知ったら、とても恐ろしくて、自分たちの能力の低さを恥じて、ランク付けなどできないはずだ。だいたい、東京 の日本料理など、京都の料理人に言わせれば、全然格が違う。段違いに低いのだ。関東は水が悪い(硬水)ので、繊細な日本料理に合う出汁がとれない。東京で 旨いと言われる蕎麦屋も何軒か回ったが、麺の味はともかく、汁の味は全くダメ、ダメ、ダメ。合格最低ラインにさえ到達していない。

 ミシュランよ。京都にある本当の料亭は、「一見さんお断り」だぞ。信用のあるお客さんの紹介がなければ店に入れない。さあ、どうやって「覆面調査」をするのだ。できるものならやってみろ。笑い者になるだけだ。

  もし京都の料亭にランク付けをしたら、「えらい申し訳おへんけど、うちはまだまだそんな評価もらえるほどの料亭やおへんし、三つ星は遠慮させてもらいまガイドブックに載せるのも、すんまへんけどお断りします」などという料亭が出てくるのではないか。裏では「フランス人ごときに、京料理のほんまもんが わかるわけあらしまへんがな」と舌を出している事だろう。

 まあ、ミシュランは自分の勝手で、自分の勝手なランク付けを発表しているだけだから、それについてミシュランにどうこう言えるものではない。私が私の勝手で、私の思う優秀なレストランを発表するのと全く同じだからだ。

 バカなのは、何でも欧米人の言う事は正しいと信じて、大騒ぎをしている日本人である。全くもって日本人は白人と権威に弱い。

 かのガイドブックを見て三つ星の日本料理店に行く奴も行く奴だが、三つ星をもらって喜んでいる日本料理店も日本料理店である。お前たちには日本文化を背負っているという気概はないのか

【今日のバカ:天下のミシュラン様から三つ星を賜って喜んでいる日本料理店】

[PR]
by hogensennin | 2007-11-20 17:48 | 文化

No.00019 ミシュランの騒ぎを見て

 

ア ホ か !

【今日のバカ:ミシュラン、ミシュランと言っている全ての輩】

[PR]
by hogensennin | 2007-11-19 17:46 | 文化


山に籠りて幾千年/霞を喰らひて瞑目すれど/下界の喧噪耳に障る/咄、刮目下山成敗ぢや
カテゴリ
全体
政治
経済
文化
教育
保存
未分類
以前の記事
リンク
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧