道徳の時間 ー放言仙人ー



<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


No.00081 上杉隆氏の証言4 検察が女性秘書で脅迫

TBS RADIO「小島慶子のキラ★キラ」2010.1.26放送より

Podcastデータ
http://podcast.tbsradio.jp/kirakira/files/20100126_uesugi_pate.mp3



小:小島慶子  神:神足裕司  上:上杉隆

(「上杉隆氏の証言」3より)
(10:24)

上:まだ石川議員が来る前に、石川議員の事務所の…。

神:ああ事務所の。

上:ええ、1月13日の午後4時45分に、突然入って行く訳ですが、まあ、それもそうなんですが、あとその石川議員の秘書を脅す訳ですね、石川議員に対して。石川議員の事務所に、秘書がいる訳ですけど、その人が子育ての関係で、議員事務所に赤ちゃん連れてきたんですよ。で、え、まあ石川議員、その育児施設が整ってないという事で、議員の部屋の方にベッド、ベビーベッドをおいて、そこでちょっと見ながら仕事をしてくれと。検事がおそらく知ったんでしょうね、それを。いきなり石川議員が出頭を、まあ任意の事情聴取に応じなかった最終日に、いきなり、「お前が来ないんだったら、あの女の秘書を呼ぶぞ」と。「小さい赤ちゃんがいるんだろ、困るだろ」と言って脅す訳です。まあ、こんなの日常茶飯事なんですけど、そういうこと一切出ないですよね、日本のジャーナリズムでは。海外では、当然ながら、これらが出る訳ですよ。いいか悪いかは別として、国家権力とか…そういうことするのは当たり前なんで、それを、やはりきちんと監視するのがジャーナリズムの仕事なのに、日本には記者クラブてのがあって、これが50年間、こういうのが一切出ない。ですから、お互い両方ともちゃんとフェアーに、きちんと見て、そして意見を出し合って、…示せば…判断できるのに、片方だけ小沢が悪い小沢が悪いとなるから、検察が正義というような歪んだ風潮になってしまう。

「道徳の時間」トップ
[PR]
by hogensennin | 2010-01-28 16:15 | 政治

No.00080 上杉隆氏の証言3 逮捕令状も見せずに

TBS RADIO「小島慶子のキラ★キラ」2010.1.26放送より

Podcastデータ
http://podcast.tbsradio.jp/kirakira/files/20100126_uesugi_pate.mp3



小:小島慶子  神:神足裕司  上:上杉隆

(「上杉隆氏の証言2」より)
(8:18付近)

小:それはその、記者クラブという制度の問題なのか、それとも、その情報の欲しいマスコミと、情報を握っている権力、っていう関係において、一般的に言える事なのか、どっちなんですか。

上:まあ一義的には記者クラブの問題ですね、お互い持ちつ持たれつの関係になっているので、お互いその弱点をかばい合うことによって、共生する。そういう意味で、権力として強くしているというのがあるんですが。あの、日本もそうなんですけど、アメリカもですね、権力の組織が合体すると、あるいは協力すると強くなるんですよ、お互いの弱点をかばい合って。例えば、アメリカでは軍産複合体て言いますよね。軍部と産業が結ぶ事によって、強固な権力構造をつくる訳ですよ。それはお互い弱点を押さえながら、力を付け合うんで、利権を分け合うんで。日本は、それが官僚と報道、つまり官報複合体というのがあって、官僚の不正とかを報道がそれを隠してあげる、結果として、でそして…

小:…上杉さん、ずっと仰ってますよね。

上:検察もこれは全く同じ事が起こっているんで、今回ですね、検察の捜査も、石川知裕議員が逮捕された事は仕方ないと思うんですね、罪を犯して……。ただ、捜査内容に関して、そして捜査状況に関して、週間朝日に書きましたけど、基本的にはですね、捜査違法、違法捜査をする訳ですね。逮捕令状も見せずに、議員会館の中に入って、鍵を内側から閉めて、占拠する訳です。

神:この話は、凄いですよね。

上:ええ、これ普通だったら、もう大問題ですよ、これ。ところが日本の記者クラブ…は、一切検察批判が出来ないから、多分この記事無視されて、終わると思いますね。

神:これ、なんか、でも…さんという人に聞いて、あの、これは脱法って言うんですか、なんていうんですか、違法だって言ってますよね。

上:これはもう弁護士、それから元検察庁の東京地検の検事さんに、三人聞いたんです。
三人とも、とんでもないと、それが事実だったら、違法、脱法行為だと。これは本当に酷い話ですね。

神:礼状を見せないで入ったと

上:見せないで入りました

神:何をされているのか、石川議員は分らなかったと。

(4へ続く)

「道徳の時間」トップ
[PR]
by hogensennin | 2010-01-27 20:58 | 政治

No.00079 上杉隆氏の証言2 地検関係者と書くと出入り禁止

TBS RADIO「小島慶子のキラ★キラ」2010.1.26放送より

Podcastデータ
http://podcast.tbsradio.jp/kirakira/files/20100126_uesugi_pate.mp3



小:小島慶子  神:神足裕司  上:上杉隆

(「上杉隆氏の証言1」より)
(5:19)
神:あとね、検察の情報を誰かがこうしゃべっている、内部から出たというんでね、新聞でも何でも、このやると、一週間ぐらい出入り禁止になるでしょ、普通は。今回はそれはあんまりないんだよね。

上:いや、関係者という事を守っているからです。あの、出入り禁止になるのは関係者じゃなくて、検察関係者て書いたり、東京地検関係者と書いたりすると、出入り禁止になるんです。それはどうしてかというと、バレちゃうから。要するにですね、何が問題かと言うと、日本のジャーナリズムは、小沢一郎さん、これについては小沢一郎の秘書だれだれといって、いっぱい書く訳ですね。ところが検察に関しては、樋渡検事総長、今、捜査担当者は佐久間特捜部長、名前を一度も書かずに、彼らが内輪の記者会見をやっているのに、只の一度も記者会見をやったことすら書かないんで、そこで発生する情報を元に書いているのに、一切、彼らを守りながら書く訳ですね。ですから小沢一郎は権力なんですけれど、検察も国家権力なんです。ですから、それは両方とも公平に名前を出して、堂々と意見を出し合えば、それを読者、視聴者、リスナーが、どっちが正しいかなと判断するために、両方の情報を出せと言い続けているんですが、記者クラブが……日本の制度なんですね。

神:あの、産經新聞の編集委員のね、宮本まさしさんが「歪んだ正義」という本を書いているんですが。この中にね、冒頭なんですけど、お前逮捕されそうになっているぞていってね、検察から言われるという、それはあの、情報を漏らした罪だと。内部でこう、誰が漏らしたか突き止めて、お前逮捕になるぞ…そこまでやられると、やっぱり新聞記者も、しかし、怖いんじゃないですか。

上:そうですね、かつて毎日新聞の西山……ありましたね。まさに外務省の機密漏洩で逮捕されました。国家公務員法違反で記者が逮捕されましたね。私自身も、最近この三月から、検察の記事を書き出してからですね。今週、週刊朝日の。ま、本当に、冗談抜きで、社会部の検察担当の記者、元記者とか含めて、関係者からですね、お前本当に、冗談抜きで、まずいぞ、と。気をつけた方がいいよ、と。仮にその、例えば電車にのって、何にもしてなくても、痴漢だと、言っていれば、いかにもやりそうだしと(笑)、いうことで。本当に持っていかれる可能性があるから、気をつけた方がいいと。ま、これは本当に、冗談抜きでですね、それほどやろうと思うと何でもできるんです…

神:宮本さんもそう書いていますね。

上:検察てのはあらゆる捜査が可能なんです、検察は。ところがさっきも言ったように、日本のメディアは、小沢一郎さんは政治家で当然ながら権力なんですが、当然そこに権力監視と言う意味で、ジャーナリズムの最大の役割を果たす訳ですが、検察も権力だという事を忘れているんですよ。だから、一切、検察の批判記事は出ないんで、週刊朝日に、先週から引き続いて、書いた訳なんですが、今週も書いたと。

(3へ続く)

「道徳の時間」トップ
[PR]
by hogensennin | 2010-01-27 20:30 | 政治

No.00078 上杉隆氏の証言1 検察の違法リーク

TBS RADIO「小島慶子のキラ★キラ」2010.1.26放送より

Podcastデータ
http://podcast.tbsradio.jp/kirakira/files/20100126_uesugi_pate.mp3



小:小島慶子  神:神足裕司  上:上杉隆

(2:47付近)
小:なんかねその検察リーク、検察リークなんて言われていますけれども、そのあたりは上杉さんは、どうご覧になっているんですか。

上:検察がリークするのは、問題がないとは言わないんですけれど、それは別にジャーナリズムにとってはありがたい事な訳ですけど。両方が出て来るんでね。それはいいと思うんですよ。で、検察はやはり国家権力なんで、当然ながら自分の都合のいいように情報を操るというのは当たり前なんで、問題はそういう検察の情報にそのまんま乗ってしまっている、結果として、メディア、日本のメディアが問題なんですね。それをずっと言ってきているんですが、それが実は記者クラブメディアなんです。で兎に角、普通海外だと、例えば今回政治家と検察、捜査機関、これはどこにもあります。独立検察官とかアメリカありますけれども、これはこれでまあいわばガチンコで一つの事に対して意見が割れて捜査になった場合は、両方に取材して両方の意見を載せる訳ですね。

小:検察はこういっている、政治家側はこう言っている。

上:……反論していると。ところが日本の新聞、テレビは、検察に基づいた情報、しかも検察の情報は、関係者という形の情報源にして、一方的に流すんです。で、そこに小沢事務所の反論とかは、ほとんど載らないんですね。……

神:でもおもしろいんですよ。今日の産經新聞にね、書いてあるんですけれど、NHKのね、サービスセンターの担当者がね、検察からのリークはあり得ると回答した事が問題だ、不適切だった…、訂正だって…、言っていますが、リークはなかった、どっから情報が流れてるんだということですね…。

上:やあ、たぶん、あれじゃないですかね、なんか電波が飛んできて急に頭の中にはいるのか…え、産經新聞の記者は急に勝手に、あの、パソコンが動いて、そういう記事を書くんじゃないですか。というのも捜査というものは、密室の中で取り調べが行われて、今日本は可視化されていませんから。そうすると検察官と被疑者、今回は石川議員と検事ですね。それしか知らないんです、基本的には。で、あとは知っているのは、石川議員の代理人の弁護士、この三者なんですが、その取り調べをしている最中のすぐ直後に、すぐにもう情報が流れていると。となると、想像で書いているか、あるいはリークはないと言っているんだから、想像で書いているか、忍び込んで、石川議員に接触して書いているか、その現場に、その部屋の中の密室の中に何か仕掛けてるのか、それぐらいしかないんですよね、リークないとおっしゃっているんで。

(2へ続く)

「道徳の時間」トップ
[PR]
by hogensennin | 2010-01-27 19:23 | 政治

No.00077 語るに堕ちたな、検察!足利事件が示す小沢捜査の行方

 足利事件は、DNA鑑定によって、菅家利和さんは犯人でなかった、つまり冤罪であった。現在、それを法的に確定させるために、裁判が行われている。

 この事件について、今日(22.1.21)の裁判で、宇都宮地検の森川検事(当時)による菅家さん取り調べを録音したテープが公開された。

 その取り調べの正当性について、宇都宮地検の高崎秀雄次席検事は次のように言う。

宇都宮地検の高崎秀雄次席検事は「事実関係を何度も確認するなど、取り調べは慎重に行われた。菅家さんが誠実に話していることがうかがえ、自白に任意性はある」と主張。

読売新聞22.1.21夕刊およびYOMIURI ONLINE



 ほう、偉いじゃないか、高崎秀雄次席検事。この検察の主張を整理すると、「自白に任意性はあった(菅谷さんの自らの意思で行われた)が、菅谷さんは犯人ではなかった」となる。もっと分りやすく言うと「任意の自白であっても、自白には信用性は全くない。自白には一切証拠能力はない。」ということである。検察が自らの口でそう語ったのである

 この発言をみんなで心にとどめておこう。検察によるこの「任意の自白であっても、自白には信用性は全くない。自白には一切証拠能力はない。」は、当たり前ではあるが、きわめて重大な発言である。

 さて、現在の小沢問題について、小沢氏の公設第1秘書・大久保隆規被告や、陸山会の当時の事務担当者だった石川知裕衆院議員による、取り調べ中の供述を、検察がさかんに違法リークしている。

 多くの人が、その検察よって違法リークされた供述が「ウソ」であることを、証拠付きで指摘している。

 しかしながら、もし、万一それらの違法リークされた供述内容が「本当」であったとしても、その供述は、司法の判断を受ける上で、何の意味も持たない事になる。

 なぜなら、検察自身が「任意の自白であっても、自白には信用性は全くない。自白には一切証拠能力はない。」と公に認めたのだから。

 マスゴミよ。検察のリークをそのまま垂れ流しているが、そんなことをし続けて、ただで済むと思っているのか。

 それら供述のリークは、検察の違法行為でありウソであり、さらに、仮に正当な情報で供述内容が真実であったとしても、その供述内容には信用性は全くないし、証拠能力は一切ないのだよ。

 なんの信用性も証拠能力もないものを用いて、世論操作しようとしている、検察とマスゴミとを、絶対に許してはいけない。いつか必ず責任を取らせなければならない。

 いつまで国民を騙し続ける事ができると思っているのだろうか。ほんとに検察もマスゴミも、バカだねえ。(ついでに、バカ検察とバカマスゴミにだまされて続けている一部の国民は、もっとバカだねえ 笑)


「道徳の時間」トップ
[PR]
by hogensennin | 2010-01-21 16:30 | 政治

No.00076 醜い検察のなりふり構わぬ攻撃

 先ほどテレビの昼のニュースで、検察が小沢幹事長の奥さんの事情聴取を要求していると、報道された。(ネット上では、この稿を書き始めた現時点では配信されていない)

 いったいどこまで検察は卑劣なのか。

 たとえ政治家の妻であるとしても、一民間人を権力闘争の巻き添えにすることが許されるのであろうか。

 任意の事情聴取とは言っても、取り調べというものは過酷である。しかも今回は検察が小沢を陥れるために行っている「犯罪事実なき犯罪でっち上げの冤罪」であるから、普通の取り調べよりひどい事になるのは、想像に難くない。

 石川議員の逮捕についても、本人が事情聴取に積極的に応じて、次の聴取日時まで検察と合意しているのに、その日時を待たずに逮捕した ※1。全く「逮捕のための逮捕」でしかない。簡単にいうと「いじめ」だ。恥ずかしい。


※1 > 小沢一郎の元秘書の石川知裕議員は、東京地検特捜部から「16日の任意聴取」を打診され、それを「快諾」していました。もちろん、この「16日」という日時は、石川議員のほうから申し出たものではなく、東京地検特捜部のほうが指定したものです。それなのにも関わらず、約束していた16日の前日、15日の夜に、東京地検特捜部は石川議員を「緊急逮捕」しました。

  きっこの日記「2010/01/19 (火) お知らせです!」より引用



 警察あるいは検察の取り調べというものを一度でも経験した事があれば、肉体的にも精神的にもそれがどれだけ過酷かということが分るだろう。海千山千、心臓に鋼の毛が生えている政治たちにとっても、それは恐ろしいほど過酷なものである。

 ましてや、普段権力闘争や政治やさらに犯罪などに一切関わりのない市井の人間が、特捜部に取り調べを受けるというのは、想像を絶する苦痛があるであろう。

 「足利事件」で冤罪により有罪が確定していた菅家利和さんの例は、誰もが知っている通りである。それ以外にも、冤罪は無数にある。警察の取り調べの過酷さに、無実であるにもかかわらず自白してしまう例もある。また多くの痴漢冤罪のように、証拠もなく、本人も否定しているのに、有罪になる例も多い。(警察・検察行政も、司法も、どちらも正しく機能していない事の証明である)

 今回は、犯罪事実がないものを、でっちあげてでも有罪にしようという、検察の悪意による捜査ショーである。どんな卑劣な取り調べが行われるか、分ったものではない。

 妻をお持ちの男性なら、理解できるだろう。仮に自分に非があったとしても、自分に関する事で妻がひどい目にあわされるという事に、耐えられるだろうか。まして今回の件は、多くの人が指摘しているように、小沢に非はない。検察のやり方は、あまりにも汚い。

 小沢本人への事情聴取も、心配である。小沢は心臓と呼吸器に問題を抱えている。卑怯な検察の事だから、暖房のない寒い部屋で、数時間に渡って過酷な事情聴取を行うのではなかろうか。それで小沢が倒れれば、シメシメ。そのまま(田中角栄のように)政治を行う事が出来ないぐらいの致命傷を与える事ができれば、万々歳。卑劣な検察の事だから、おそらくそんなことも想定して事情聴取を行おうとしているのではないか。

 とにかく我々(検察やマスゴミ程度のバカ野郎に騙されない、普通程度の聡明な頭を持った人たち。検察やマスゴミ程度のバカに騙されている連中は、もういい。)は、今回の件について、細心の注意を払って経過を見守り、そして検察(およびマスゴミ)に対して「これ以上へたな事をすると許さないぞ!」と、怒りを持って宣言し、彼らの行動について必ず責任をとらせるようにしなければならない。

 そして小沢には、ひたすら耐えて、勝ち抜いてほしいと祈るばかりである。


「道徳の時間」トップ
[PR]
by hogensennin | 2010-01-20 12:29 | 政治

No.00075 検察カルト・マスゴミカルトの信者たちへ

 「No.00074 検察の問題点」を読んでも、まだ騙されている事(洗脳されている事)が分らない、「検察カルト」「マスゴミカルト」の信者たちのために書く。

 国権の最高機関は、国民の直接選挙によって選ばれた国会議員によってなる国会である。(憲法第41条「国会は国権の最高機関であり国の唯一の立法機関である」)

 内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。(憲法第65条)

 検察は、その内閣の下に位置するものである。

 したがって、現在のように、国民の負託を受けていない且つ責任を取らない「検察」や「マスゴミ」が、世論を誘導して、政権を転覆させようとしているのは、明らかに間違ったことである。


 以下、検察やマスゴミの洗脳から解けるための、いくつかのページをリンクしておく。

◆[1467]石川知裕(いしかわともひろ)衆議院議員の、昨晩の逮捕の報道を受けて。 投稿者:副島隆彦投稿日:2010/01/16(Sat) 08:03:16

◆[1458]普天間基地移転問題での、米側頭目(とうもく)のジョゼフ・ナイの方針転換。やっと気付いたか。投稿者:副島隆彦投稿日:2010/01/12(Tue) 06:50:04

◆[1456]小沢一郎出演の新春テレビ番組 と、 検察の「記載がない」が崩れた、衝撃に事態について投稿者:副島隆彦投稿日:2010/01/11(Mon) 11:12:18

   以上「気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板」より

◆東京地検特捜部がまたデマをリーク

◆検察が石川氏逮捕のために嘘の供述をリーク

◆検察が石川議員に自白を強要
   以上「世田谷通信、きっこの日記」より

◆検察対小沢 元地検郷原さんに聞く1・私がサンプロで4億記載を言ったので検察は説明を変えた(パックインジャーナル)

◆石川氏(他2名)の逮捕容疑が、昨日までの「不記載」から「虚偽記載」へと変更になりました…
   以上「阿修羅掲示板」より

◆「一・一五事変」の重大問題①検察の重大犯罪(植草一秀の『知られざる真実』)

◆クロスオーナーシップの禁止(雑感 日々思うこと)

 以下、現在の異常捜査を指揮している者の写真をリンクしておく(産経Webより)。検察の分が悪くなって、責任を追及される事態になれば、おそらくこのリンクが切れて写真が見られなくなるだろう。


樋渡利秋(ひわたりとしあき) 検事総長(写真上)
佐久間達哉(さくまたつや) 東京地方検察庁特別捜査部長(写真下)





「道徳の時間」トップ

[PR]
by hogensennin | 2010-01-19 14:33 | 政治

No.00074 検察の問題点

 さきの「No.00073 いい加減にしろ 検察!」に対するコメントの中に、あまりにもレベルが低い、つまり物事の本質を理解していないものがあるので、要点を整理する。

------------------------------------------------------------------------------------
1、検察は行政の一機関である。よって検察は国家権力の一つである。

2、検察官は国家公務員である。よって検察官は国家権力者の一員である。

3、検察官には守秘義務(国家公務員法第100条)が科せられており、職務上知り得た秘密を口外してはいけない。

4、上記3より、検察官が取り調べにおいて知った内容について、マスゴミにリークする事は、国家公務員法第100条違反である。

5、日本は法治国家であり、司法による判断が決定するまで、いかなる人物も「無罪」であり「善人」である。(ただし、司法の判断が必ずしも「正しい」訳ではない。なぜなら司法も国家権力の一つであり、裁判官は公務員であるからである)

6、日本は「罪刑法定主義」をとっているので、法に明文化されていない用件について裁く事はできない。

7、日本は民主主義国家を目指しているのだから、国民の意思によって政治が動くようにしてゆかなければならない。

------------------------------------------------------------------------------------

 検察が、まるで極悪人を裁くヒーローのようだと錯覚している国民(被洗脳者=バカ)が多い。検察をまるでテレビか何かの「スター」のように見ているが、「スター」とは虚像の別名なのだ。この「スター」という虚像は、誰が作っているのか。それはマスゴミに他ならない。ここからわかるように、検察とマスゴミはグル(共犯)である。

 検察も国家権力者であり、小沢(国会議員)も国家権力者である。これは二者による権力争奪戦なのだ。だから検察が「善」であり小沢が「悪」である、などという一方的、単純な構図はありえない。こんな単純な構図を信じている者は、自分自身のオツムが「単純=バカ」なのだと知らねばならない。

 検察と小沢、強いて言うならどちらも「悪」である。ただ検察官は公務員であるから、その行動について一切責任を取らない。小沢は国会議員である故、選挙という責任を取らされる。この違いは大きい。

 今も、ほら見てご覧。検察が公式なコメントを一切出していない現状で、小沢には「辞任しろ!」という意見が出て来る。場合によっては本当に辞任に追い込まれかねない。事実民主党は大きな打撃を受けている。

 だが検察はどうか。もしこれら一連の出来事が立件できない、あるいは立件できても有罪にならなかった場合、検察はその責任を問われるのか。

 かたや「疑惑」が出てきただけで、それが事実でなかったとしても「クビ」になる。

 かたや、それが全くのデタラメであっても、のうのうと職を全う出来る。「公務員の地位は、法によって保証されているのだ」とうそぶきながら。

 つまり同じ国家権力者でありながら、検察は(マスゴミという手下を使って)、自分たちにとって都合の悪い政治家の首を取る事ができるのである。一切悪事をしていない政治家に対しても、である。国民の意思によってのみ選ばれるべき国会議員が、検察にその生殺与奪の権を握られているのである。これは全くもっておかしな事ではないのか。

 国民の直接の統制が利かない官僚(検察)の意思によって国家が動かされるのか、国民の直接選挙によって選ばれた国会議員によって国家が動かされるのか、結局国民はどちらを選ぶのか、というのが、私の問いである。

「道徳の時間」トップ




 
[PR]
by hogensennin | 2010-01-17 14:01 | 政治

No.00073 いい加減にしろ 検察!

 良識のある国民は、騙されない。

 「検察」=「官僚、役人」である。国民の立場に立っているのは、国民の直接選挙によって選ばれた「民主党」である。官僚は周知の通り、国民の利益を害する存在に成り下がっている。権力は持つが責任を取らないと言う、最低の存在である。検察も、権力は持つが責任は持たない官僚(役人)という人種の一つなのだ。

 検察は大久保隆規氏を不当に逮捕した。不当逮捕だから後でこそこそと釈放する。逮捕するときは、マスゴミ(検察とグルだ)に大々的に報道させておいて、釈放については、ほとんど報道させない。

 最初、大久保氏が容疑を認めた、などと報道されていたが、それも全くのデタラメであった。デタラメであった事も、マスゴミは(事実上)発表しないし、誤った報道に対しての訂正も謝罪もない。

 結局、立件は不可能だから(そんな事は最初から検察も解っていた)いずれ釈放することになるのに、今回また逮捕である。私ははっきりと断言する。これは権力の不当行使である。

 本来「証拠隠滅」を避けるために、逮捕は極秘裏に行われる。1/14だったか1/15だったかの「ひるおび(TBS)」登場していた、なんとかという名前の元東京地検特捜副部長が「逮捕や家宅捜索の日時がバレないように、検察官は検察庁から集団でぞろぞろ捜査対象場所に出かけるのではなく、捜査対象場所の近所の公園に集まって出かける」などと言っていたように、逮捕あるいは捜索当日でさえも、極秘裏に行動する。

 検察官の捜査行動は、完全に秘密である。にも関わらずなぜかマスゴミは、逮捕や捜索に向かう検察官の「大名行列」を、カメラでとらえる事ができる。これは「逮捕(捜索)ショー」だからだ。

 検察はマスゴミにリークするという形で、ウソの報道をさせる。もし本当に検察がリークしたのであれば、公務員の守秘義務に違反している事になる。逮捕中の人間の発言が報道される事など、絶対にあってはならない事である。

 もし、検察がリークしたのではないとすると、あの報道はマスゴミの捏造(空想に基づくたわごと)であることになる。

 百歩ゆずって、検察にもマスゴミにも、法的にはどちらにも問題なかったとしても、倫理的な問題は残る。それはマスゴミの報道に対して、その本人には反論の機会が与えられていないことである。この欠席裁判のような現状は果たして許されるのであろうか。


 検察のリークであるとすると、公務員の守秘義務違反で、重大な問題である。検察のリークでないとすると、マスゴミの捏造という事になる。これは容疑者が有罪であろうと無罪であろうと、検察かマスゴミか、どちらかが責任を取らねばならない。さあ、どちらが責任を取るのか。


 良識のある国民は、検察とマスゴミのこのバカげた捜査ショーにたぶらかされないで、正しい目で冷静に冷ややかに見つめ続ける事にしよう。


「道徳の時間」トップ
[PR]
by hogensennin | 2010-01-16 12:12 | 政治


山に籠りて幾千年/霞を喰らひて瞑目すれど/下界の喧噪耳に障る/咄、刮目下山成敗ぢや
カテゴリ
全体
政治
経済
文化
教育
保存
未分類
以前の記事
リンク
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧