道徳の時間 ー放言仙人ー



No.00009 テレビに煽られるバカ

 

 最近、携帯電話をかけながらしたり顔に歩いている女がいる。ちょっとあごを引いて、ちょっとモデル風に、気取りながら歩いている。

 今日もコンビニで、レジ待ちの時にまで腰に手を当て、小首を傾げ、片足の踵を少し浮かして、携帯の画面に見入っている女がいた。

 「気取っている」というのは、あまりにも上品な表現かも知れない。京都の悪い言葉なら「いちびっている」と言う。関東なら「すかしている」か。昔なら「にやけた野郎だ」などと言った。

  なぜこんな気取った電話の掛け方をする女が増えたのか。どこかであの頭の悪そうな彼女らと同じ電話の掛け方、仕草を見た事がある。そうだ、CMだ。ナン シー・シナトラのシュガータウンを背景にして、何とかという頭の悪そうなアメリカの女優が携帯電話をかけながら気取って歩いている。

 キティちゃんにも同じように、携帯をかけながら気取って歩かせているCMも流れているようだ。

 アイデンティティの確立していない子供は、すぐに人のマネをする、したがる。団塊の世代(私は団の世代と名付ける。数の多さを背景に、集団でよってたかって日本を壊したか らだ)は、戦後アメリカの洗脳政策によって、自分で考えて行動するという能力を持たなかった。そして子供にもきちんとしつけができなかった。だから本当は 大人になっていなければならない団壊世代(60代)と団壊ジュニア世代(30代)と、本当に子供である現在の10代が、テレビのマネをして、携帯を片手に シャナリシャナリと自分ではかっこ良いつもりで歩いている。10代の子供は本当に子供なのだから仕方のない一面はあるが、大人のくせにそういう子供のよう なことをする団壊世代と団壊ジュニア世代は只 のバカだ。

 女は男に比べて人に左右されやすい(流行を追っかけやすい)性質がある。だか ら、そういうバカは大概女である。男は多くはそ ういう軽薄なテレビの洗脳や 流行に左右されにくい傾向がある。だから茶髪でも、女の茶髪は比較的寛容に見られていたが、男の茶髪はまともな人間には見てもらえない。男の茶髪の営業マ ンが来たら、茶髪だけで信用できないし、絶対のそこの商品は買わない。男が茶髪をしていたり、携帯を片手にカッコつけて歩いていたら、そいつは真性のバカだ。どうにも救いようがない。

【今日のバカ:携帯電話をかけながら歩いている女】

[PR]
by hogensennin | 2007-11-07 17:26 | 文化
<< No.00010 レポーターは何者? No.00008 食品の様々な... >>


山に籠りて幾千年/霞を喰らひて瞑目すれど/下界の喧噪耳に障る/咄、刮目下山成敗ぢや
カテゴリ
以前の記事
リンク
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧