道徳の時間 ー放言仙人ー



No.00021 気色の悪いボールド(P&G)のCM

 ボールドという洗濯用洗剤がある。P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)社の製品である。

 このボールドのTVコマーシャルは、見ていて大変に気色悪い。なぜなら登場する人物が全て男だからだ。洗濯洗剤のCMで、どうして男ばかりが出てきて、男ばかりが洗濯をしているのか。

  現実には、洗濯は多くは女性がしているだろう。男女差別とかいう問題ではなく、事実はそうである。男性も家事をするべきだ、女性も社会に出るべきだ、と いうのはイデオロギーとして、まあご自由に、であるが、現実は男性が社会で仕事をして、女性が家事をしている、というのが多くの場合である。

 なのに、どうして洗剤のCMに男性ばかりを登場させるのか。「男性が洗濯をすべき」と主張するなら正々堂々と主張すれば良いのに、CMの裏に潜ませる。このCMには、実際には通らない妙なイデオロギーというものが裏に透けて見えるので気色悪いのだ。

【今日の偽善者:P&G社】

[PR]
by hogensennin | 2007-11-21 18:16 | 文化
<< No.00022 おかしな日本... No.00020 ミシュランの... >>


山に籠りて幾千年/霞を喰らひて瞑目すれど/下界の喧噪耳に障る/咄、刮目下山成敗ぢや
カテゴリ
以前の記事
リンク
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧